道の駅で目立つのぼり旗の作り方

あげられますが、それは単に目立つものではなく
そののぼり旗に広告する側のイメージを抱かせる
色合いは絶対に必要です。

道の駅は最近ではよく話題になり、そこにしかないものをもとめて
この場所に車でくる客もおおいです。

カラー

つまり道の駅にはそれぞれの特色があり、農作物、あるいは
その土地の物産、新鮮な魚介類など販売するサービスに
内容が違い、その内容を想起させるものであるのぼり旗は
集客に重要で、おのずとその売りたい特産品の色に
あったものを立てることが重要です。

イメージの

たとえば採れたて新鮮な魚を売りにしているのに、ピンク色に
旗では様にならないですし、サツマイモのスイーツを売り
しているのをイメージするのに、黄色ではなく青色では
しっくりこないなどその特色にあった色合いののぼり旗を
立てないと道の駅の集客に繋がりません。

この旗はけっして一種類とは限らず多様な種類のものも
広告としてたてることも可能だと思われます。

おもちゃ屋さんのクリスマスギフト販促にのぼり旗

活躍する

のぼり旗と言うのは、飲食店やスーパーマーケット、お祭りなど、
ありとあらゆるシチュエーションで活躍してくれる、とても便利な
アイテムですが、時期を意識して、その時期ならではの
デザインの物を活用してみるのも良いものです。

例えば、おもちゃ屋さんで、クリスマスギフトの販促として、のぼり旗を使用するのです。

クリスマスと言えば贈り物の時期であり、相手が子どもの時には
おもちゃをプレゼントすることはよくあることです。

しかし、今の世の中インターネットでも購入することができます。
そこで、店頭にのぼり旗を設置して、積極的にアピールしていくのです。

例えば、郊外型のお店で、店頭にのぼり旗を設置しておき、
ドライバーにアピールすることで、それが良いきっかけとなって、
移動の途中に買い物をしていくことも期待できます。

ちなみに、クリスマスのカラーと言えば赤と白で明るくて目立ちますから、
販促用のアイテムとして適しているとも言えます。

目立って