のぼり旗で効果を感じられるレイアウト例は?

美しく

のぼり旗を印刷する際にカラフルなデザインを印刷するという人が
増えています。インクジェット印刷が出来る様になり、細かい絵や
写真を美しく印刷できるようになりました。

また、気軽に設置出来るメリットを生かし、看板となる商品やメニューの写真を
印刷したり、シンボルとなるデザインを印刷して店の前に掲出することで
高い宣伝効果を得ようとする意図があります。

のぼり旗は看板やデジタルサイネージなどに比べると、その費用が
非常に少ない上、簡単に掲出できることから様々な物を用意し
日によって変えているというお店も有ります。

効果を感じる

しかし、のぼり旗は本来路上に定間隔で並べて、遠くからでも
人目を引くような形にするとともに、同じものを連続的に掲出することで
歩く人の潜在意識に訴えることが目的で、かつもっとも効果が有るとされています。

又、走行する車の中からでも内容が簡単に理解できるように
シンプルなレイアウトにする方が、インパクトが大きいため
出来るだけ分かりやすく、遠くからでも人目を引くようなレイアウトにすることが
より効果の高いのぼり旗のレイアウトとされているのです。

写真やデザインを多用した個性的なデザインは、看板の代わりとして
使用するという意味ではその目的を果たしているともされますが、
それだけでは本来ののぼり旗の効果を充分に引き出しているとは
いえないものです。

その為、デザインを出来るだけシンプルにし文字を大きくして、
遠くからでも人目を引くようにすることが、本来ののぼり旗の効果を
引き出すものであると考えられます。

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)