季節の変わり目はクリーニング屋にのぼり旗が効果的

クリーニング屋では歩行者や車の運転手などから見やすい
店舗入り口の道路際にのぼり旗を設営するのがおすすめです。

その際は「白さ」や「しみ抜き」などホームクリーニングでは
出せない仕上がりについて強調したり、現在行っている
キャンペーンやポイントカードのポイントアップデーなどの
イベント広告を行うと効果的です。

シンプルに

更に季節に応じたイベントに対応したのぼり旗があると
おすすめです。

例えば夏祭りがある季節は浴衣のクリーニング、
衣替えのシーズンや学生が長期休暇に入るシーズンなどには
学生服やこたつなど家庭では洗いにくい商品ののぼり旗を
立てておくとクリーニング屋に依頼しようという気持ちを
誘うことが可能です。

クリーニング屋の場合はついつい一つののぼりに
色んな情報を載せたくなってしまいがちですが、
文字が多すぎると遠目で見たときに何が書かれているか
分かりにくくなるため、アピールしたいポイントだけを
のぼり旗に書くように心がけましょう。

伝える

道の駅で目立つのぼり旗の作り方

あげられますが、それは単に目立つものではなく
そののぼり旗に広告する側のイメージを抱かせる
色合いは絶対に必要です。

道の駅は最近ではよく話題になり、そこにしかないものをもとめて
この場所に車でくる客もおおいです。

カラー

つまり道の駅にはそれぞれの特色があり、農作物、あるいは
その土地の物産、新鮮な魚介類など販売するサービスに
内容が違い、その内容を想起させるものであるのぼり旗は
集客に重要で、おのずとその売りたい特産品の色に
あったものを立てることが重要です。

イメージの

たとえば採れたて新鮮な魚を売りにしているのに、ピンク色に
旗では様にならないですし、サツマイモのスイーツを売り
しているのをイメージするのに、黄色ではなく青色では
しっくりこないなどその特色にあった色合いののぼり旗を
立てないと道の駅の集客に繋がりません。

この旗はけっして一種類とは限らず多様な種類のものも
広告としてたてることも可能だと思われます。

おもちゃ屋さんのクリスマスギフト販促にのぼり旗

活躍する

のぼり旗と言うのは、飲食店やスーパーマーケット、お祭りなど、
ありとあらゆるシチュエーションで活躍してくれる、とても便利な
アイテムですが、時期を意識して、その時期ならではの
デザインの物を活用してみるのも良いものです。

例えば、おもちゃ屋さんで、クリスマスギフトの販促として、のぼり旗を使用するのです。

クリスマスと言えば贈り物の時期であり、相手が子どもの時には
おもちゃをプレゼントすることはよくあることです。

しかし、今の世の中インターネットでも購入することができます。
そこで、店頭にのぼり旗を設置して、積極的にアピールしていくのです。

例えば、郊外型のお店で、店頭にのぼり旗を設置しておき、
ドライバーにアピールすることで、それが良いきっかけとなって、
移動の途中に買い物をしていくことも期待できます。

ちなみに、クリスマスのカラーと言えば赤と白で明るくて目立ちますから、
販促用のアイテムとして適しているとも言えます。

目立って

やぶれたのぼり旗は宣伝効果が半減するデメリットも

のぼり旗を使用している時に注意したいのが
やぶれた状態で使用し続けることです。

劣化した状態で使用すると宣伝効果が半減してしまうという
デメリットがありますので、本来得られるはずの集客力も
落ちてしまいます。

印象

のぼり旗の役割は瞬時にサービス内容を伝えたり
見た人の興味を惹くことにありますから、ぱっと見られた時に
メッセージが伝わるようにしておかなければいけないのです。

やぶれている状態ですと印象が良くないというデメリットもあります。
のぼり旗は単純に宣伝効果を得る為の道具ではなく、
そのお店自体の品質を表面化する一面も持っています。

もしやぶれている状態で平気で使用し続けているようなところは
儲かっていないイメージを与えてしまったり、お客から
見える部分に気を配れない雑なお店という印象を
与えてしまうことにもなりかねません。

特にそのお店のことをあまり知らない人からしたら
のぼり旗がボロボロというだけでイメージとしては
良くないものであり、そこでお店にも入り難い
イメージを持たれてしまうようでは集客率も下がります。

興味を惹く

むしろ劣化したのぼり旗を使っているのはダメなお店と
宣伝しているようなことにもなってしまうのです。

このようなデメリットを解消する為には定期的に
新品を導入することが大切と言えるでしょう。

常にキレイなのぼり旗を使用しているお店ですと
活気があるように見えるものであり、見た人からの印象としては
確実に良くなるはずです。

経営に於いてデメリットは極力抱えないことが大切ですので
速やかに交換をすることが必要と言えます。

のぼり旗で効果を感じられるレイアウト例は?

美しく

のぼり旗を印刷する際にカラフルなデザインを印刷するという人が
増えています。インクジェット印刷が出来る様になり、細かい絵や
写真を美しく印刷できるようになりました。

また、気軽に設置出来るメリットを生かし、看板となる商品やメニューの写真を
印刷したり、シンボルとなるデザインを印刷して店の前に掲出することで
高い宣伝効果を得ようとする意図があります。

のぼり旗は看板やデジタルサイネージなどに比べると、その費用が
非常に少ない上、簡単に掲出できることから様々な物を用意し
日によって変えているというお店も有ります。

効果を感じる

しかし、のぼり旗は本来路上に定間隔で並べて、遠くからでも
人目を引くような形にするとともに、同じものを連続的に掲出することで
歩く人の潜在意識に訴えることが目的で、かつもっとも効果が有るとされています。

又、走行する車の中からでも内容が簡単に理解できるように
シンプルなレイアウトにする方が、インパクトが大きいため
出来るだけ分かりやすく、遠くからでも人目を引くようなレイアウトにすることが
より効果の高いのぼり旗のレイアウトとされているのです。

写真やデザインを多用した個性的なデザインは、看板の代わりとして
使用するという意味ではその目的を果たしているともされますが、
それだけでは本来ののぼり旗の効果を充分に引き出しているとは
いえないものです。

その為、デザインを出来るだけシンプルにし文字を大きくして、
遠くからでも人目を引くようにすることが、本来ののぼり旗の効果を
引き出すものであると考えられます。